未分類

【本当に必要?】ポイントUPや20%OFFの言葉でつい散財

ついお得だからと買ってしまう
最近、楽天のお買い物マラソンやau payの20%ポイント還元でついつい財布の紐がゆるんでしまいました。
前々から欲しいと思っていた本やマンガをこの機会にと思い買いあさりました。
普段あまり行かない、カフェや飲食店にもこの際だからと行ってしまいました。

のちのち「無駄遣いしてしまった・・・」と後悔してしまうこともありました。
何故こんなふうに思ってしまうのだろうか。

後で使ったお金を計算してみると、こんだけあれば高くて諦めていた欲しかったものが買えたなと思ってしまうことも。
そうならないために対策を取っていこうと思います。

リストを作っておく

 

欲しいと思っていても一旦落ち着いて、冷静になることが必要です。
お店で欲しいと思ったものはすぐに買うのではなく、メモしておきます。

ネットで見つけた場合は買い物かごに入れて、欲しいものリストに登録しておきます。
アマゾン、楽天にはほしいものリスト機能があるのでそれを活用しています。

本当に使うのかよく考えたらいらない、数週間たって今は必要ないと思ったらリストから外していきます。

セールで割引されてお得でも必要ないものまで買ってしまったら無駄な買い物になってしまう。
手に入れた瞬間は嬉しかったり、お金を出す瞬間は幸福感があったけど、
後は使わず放置してしまったりすることもありました。

その時はとてつもなく欲しかったりするけど、
後々から別に買わなくてもよかったのではと思う時もあります。

その様なことがあったためお金の使い過ぎに思い気を付けなければと思いました。

欲しいものの基準を作っておく

自分が持っているものなどと照らし合わせて
どうゆうものが欲しいのか詳しくメモをしておきます。
そして、似ている商品を比較したりして最終的にどれを買うのかを決めていきます。

なんでも衝動的に欲しいと思ったものを買うのではなく
使う場面を考えて、どんなものを買うのか基準を作っておく必要があります。

例えば服を一点いいなと思ったものを買ってみたものの組み合わせる服がなく
またその服に合う服を買ったりするために無駄遣いをしてしまったと思いました。
インテリア雑貨などは自分の部屋に合っていない。
買って失敗したなということが多くありました。

そのため、どのようなものが欲しいのか考えてから買うことにしました。

何のために買うのか、それを買うと自分に何をもたらしてくれるのか考える

何のためにお金を使うのか

それを買うと自分にとって何の価値をもたらしてくれるのか考える。
乾燥機や食洗器、お掃除ロボットなどは時間の短縮になるし、
衣服や美容に関するものは気分が上がります。
本は知識を与えてくれる
エンタメは楽しさや気分転換などポジティブな気持ちを与えてくれます。

しかし、これらも度が過ぎれば散財になってしまうため
気を付けなければいけません。

何をもってして浪費とするのか。

無駄遣いしたなと思うのは買っても使わなかったもの必要なかったものや、
役に立たなかったもの、すでに持っていた、あまり使わなかったものです。

反対に毎日使ったり、使い倒したと思うものはいい買い物をしたなと思います。

お店で見つけた時はとてつもなく欲しかったりするけど、
後々から別に買わなくてもよかったのではと思う時もあります。
漫画や本でも、その時はとてつもなく読んでみたくなって買ったのはいいけど
後々に別に買わなくてもよかったのではと思う時もあります。

楽しくなかったり、いい買い物をしたなと思えないものもありました。
そういうものが無駄遣いかな?

おわりに

有意義な使い方、自分のためになる使い方、本当に欲しかったものとは何だったんだろう。
何が無駄遣いで何が有意義な使い方なのか。
手に入れたことすら記憶に残らないものを買ってしまっていないか。

無駄かどうかは手に入れてみないと必要かどうか分からないこともあります。
買うかどうか迷い過ぎて時間を無駄にしてしまったりしたこともあるし考えすぎもいけない気がします。

ランキング参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村へ